u-tokyo.houmu.co.jp

HOME / 『参考答案集』 / 答案構成無料公開ページ / 刑事学


はじめに

憲法第1部
憲法第2部
民法第1部
民法第2部
民法第3部
民法第4部
商法第1部
商法第2部
商法第3部
刑法第1部
刑法第2部
民事訴訟法第1部
民事訴訟法第2部
民事訴訟法第3部
刑事訴訟法
行政法第1部
行政法第2部
行政法第3部
国際法第1部
国際法第2部
政治学
日本政治外交史
ヨーロッパ政治史
政治過程論
行政学
財政学
英米法第1部
英米法第2部
フランス法第1部
フランス法第2部
ドイツ法第1部
ドイツ法第2部
無体財産権法
裁判法
刑事学
法医学
労働法
産業法
比較政治 I
比較政治 II
国際政治
政治学史
日本政治思想史
国際政治史
アメリカ政治外交史
アジア政治外交史
日本法制史
東洋法制史
法哲学
法社会学
社会政策
会計学
法学史
証券取引法
消費者法
地方自治法
現代法過程論
政策学
中央アジアの政治
都市行政学
国際行政論
現代中国の政治
現代東南アジアの政治
現代イギリスの政治
 

刑事学

H8 過年度・本年度共通

第1問
一 非犯罪化の概念
二 非犯罪化の意義
 1 謙抑主義
 2 ラベリング回避
 3 刑事司法資源の有効活用
三 犯罪の取扱
 1 自己堕胎罪
 2 賭博罪
 3 猥褻物頒布罪
 4 麻薬の自己使用

第2問
一 罰金刑制度
 1 罰金刑の定義
 2 刑事政策上の意義
二 罰金刑制度の問題点
三 解決策

H9 過年度

第1問
一 非犯罪化の意義
二 非犯罪化の具体化
 1 被害者なき犯罪
 2 自己決定権に基づくもの
 3 取締上の非犯罪化
 4 裁判上の非犯罪化
 5 立法上の非犯罪化
三 被害者なき犯罪の具体例
 1 性行為に関するもの
 2 生命・身体に関するもの
 3 社会的風俗に関するもの

第2問
一 財産刑の意義
二 罰金及び科料について
 1 罰金・科料の意義
 2 罰金及び科料の問題点
 3 両者の不平等の是正
 4 罰金の不平等の是正
三 没収について

H9 本年度

第1問
一 日数罰金制度の意義
二 日数罰金制度の可否
 1 消極説
 2 積極説
 3 私見

第2問
一 被害者保護の意義
二 捜査段階の被害者の保護
 1 捜査段階での問題点
 2 改善点
三 公訴段階
 1 公訴段階での問題点
 2 改善点
四 公判段階
 1 公判段階での問題点
 2 改善点

H9 追試験

第1問
一 判決前調査制度の意義
二 判決前調査制度の必要性
三 判決前調査制度導入の前提条件
四 判決前調査制度の対象と調査内容
五 判決前調査制度の問題点
 1 調査官の所属
 2 調査報告書の提出時期
 3 調査報告書の取り調べと開示

第2問
一 暴力団及び暴力団犯罪の意義
二 暴力団犯罪の現状
三 暴力団犯罪対策
 1 犯罪予防
  [1] 暴力団対策法
  [2] 暴力団取締対策要綱と頂上作戦
  [3] 社会的暴力団排除運動
 2 犯罪者の処遇
  [1] 司法的処遇
  [2] 施設内処遇

H10 本年度

第1問
一 規制の必要性
1 刑法等の取扱
2 マネーロンダリング規制の必要性
二 法規制の整備
1 麻薬二法
2 組織犯罪への対応

第2問
一 少年審判の構造
1 少年法の意義
2 非形式的職権主義構造
二 職権証拠調べ
1 職権証拠調べの方法
2 職権証拠調べの問題点
3 職権証拠調べの改革案

H11 本年度

第1問
1 現行法の対応
2 薬物の自己使用の問題
3 薬物の自己使用の実態
4 非犯罪化についての検討

第2問
1 量刑手続について
2 量刑手続の問題点
3 判決前調査制度の導入の可否
4 判決前調査制度で対象とする事件の範囲
  と調査の内容
5 判決前調査制度の問題点

H12 本年度

第1問
1 受刑者の意義と諸外国の取扱
2(1)日本での受刑者の地位
     ……特別権力関係論
 (2)特別権力関係論の内容
 (3)特別権力関係論への批判

第2問
1 現行少年法の取扱とその問題点
 ・現行少年法の審判手続
 ・現行手続のメリット・デメリット
2 手続二分論の検討

H13 本年度

第1問
1 交通犯罪の特徴……大量性・普遍性
2 交通犯罪の実態
3 非犯罪化の意義と要件
 (1)非犯罪化の意義
 (2)非犯罪化とする要件
 (3)道路交通法違反の非犯罪化の可否

第2問
1 少年保護手続の意義
 (1)少年保護手続の目的……少年の保護
 (2)少年保護手続における少年審判
2 少年保護手続における被害者
 (1)被害者の法的地位
 (2)近年の取扱い
 (3)修復的司法

 



(C) 総合法務保障 General Legal Security, Inc. 1999-2012
info@u-tokyo.houmu.co.jp