u-tokyo.houmu.co.jp

HOME / 『参考答案集』 / 答案構成無料公開ページ / 国際法第1部


はじめに

憲法第1部
憲法第2部
民法第1部
民法第2部
民法第3部
民法第4部
商法第1部
商法第2部
商法第3部
刑法第1部
刑法第2部
民事訴訟法第1部
民事訴訟法第2部
民事訴訟法第3部
刑事訴訟法
行政法第1部
行政法第2部
行政法第3部
国際法第1部
国際法第2部
政治学
日本政治外交史
ヨーロッパ政治史
政治過程論
行政学
財政学
英米法第1部
英米法第2部
フランス法第1部
フランス法第2部
ドイツ法第1部
ドイツ法第2部
無体財産権法
裁判法
刑事学
法医学
労働法
産業法
比較政治 I
比較政治 II
国際政治
政治学史
日本政治思想史
国際政治史
アメリカ政治外交史
アジア政治外交史
日本法制史
東洋法制史
法哲学
法社会学
社会政策
会計学
法学史
証券取引法
消費者法
地方自治法
現代法過程論
政策学
中央アジアの政治
都市行政学
国際行政論
現代中国の政治
現代東南アジアの政治
現代イギリスの政治
 

国際法第1部

H7 本年度

第1問
1 沿革と存在根拠……戦争違法化
2 forceの解釈
 [1] forceの内容
 [2] 国連憲章上許されざる武力
3 遡及的効力……武力行使原則の確立時期

第2問
[1]
1 政府承認の効果
2 政府承認の要件
   トバール主義の問題
3 政府承認不要論

[2]
1 旗国主義の意義
2 便宜置籍船
3 例外の拡大と限界
4 海上衝突事故における刑事裁判権

[3]
1 先占の内容
2 先占自体の現代的意義──自決権との関係
3 実効性要件の現代的意義

H8 本年度

第1問
(1)
一 全体の構成
二 権原の有無
 1 伝統的国際法における権原
 2 実効性基準
三 その他の基準

(2)
一 不可侵の根拠
二 例外の有無
三 外交的庇護の問題

第2問
一 全体の構成
二 強行規範の概念
三 無効の内容

H9 過年度

第1問
1 国際法の法源……慣習国際法と条約
2 近年の新しい状況……法典化、多数国間条約
3 私見

第2問
1 ノッテボーム事件の内容
2 ノッテボーム事件の意義
3 ノッテボーム原則……強制管轄受託宣言
4 国籍について

H9 本年度(中谷助教授)

第1問
一 条約解釈のルール、解釈宣言、一方的宣言の意義
二 三者の関係

第2問
一 国家性、国家承認、政府承認、国家承継、政府承継、外交関係、領事関係の意義
二 これらの相互の関係

H10 本年度

第1問
一 国際法の誕生
1 主権国家システム
2 オッペンハイムの説の検討
二 国際法を生む要因
 ローマ万民法とキリスト教的家産国家観
三 グロティウスの意義
 オッペンハイムの説の検討

第2問
一 シリア政府の見解について
1 「武力」の解釈について
2 シリア政府の見解について
二 シリア政府の見解の国際法上の効力
1 解釈宣言
2 留保

H11 過年度

第1問
1 (1)について
 ・正戦論
 ・戦争モラトリアム
 ・戦争違法観
2 (2)について
 ・強行法規
 ・条約法におけるウィーン条約の取扱

第2問
1 司法的解決の意義
 ・平和的紛争解決の義務
 ・司法的解決の意義
2 司法的解決の限界
 ・管轄権
 ・判決内容の実現

H11 本年度

第1問
1 国際法違反への対応
   ……軍事的措置と非軍事的措置
2 復仇
3 報復
4 国連による非軍事的強制措置

H12 過年度

第1問
・主権免除の2つの側面
・主権免除の根拠……国家主権の平等性
・主権免除の範囲
  ……絶対免除主義から制限免除主義へ
・制限免除主義の免除の基準
・外交使節団の主権免除の根拠とその内容

第2問
A
 ・EC諸国……承認指針宣言
 ・承認指針宣言
   ……民主主義・人権保護に基盤
B
 ・武力不行使原則の違反という見解
 ・人道的干渉という見解
   ……民族浄化への対抗手段
 ・人道的干渉という見解への評価
C
 ・内政不干渉の原則
 ・欧州連合条約との関係

H12 本年度

第1問
aについて
 ・シャール……イスラム国際法
 ・シャールの特徴
 ・カピチュラシオンによる統制へ

第2問
(イ)について
 ・国際法の機能を強制力の欠如のみからとらえる見解
 ・それに対する反論
   ……国際法の現実的機能
(ロ)について
 ・欧州国際法普及の過程
   ……イスラム圏・東アジア
 ・その中における日本
(ハ)について
 ・法の一般原則……形式的法源
 ・国際法の実質的法源
 ・行為規範としての国際法
 ・国際法規の欠款を補う一方的国内措置

H13 本年度

第1問
・国連憲章51条……集団的自衛権
・51条の解釈
・51条の解釈上の問題点

 



(C) 総合法務保障 General Legal Security, Inc. 1999-2012
info@u-tokyo.houmu.co.jp